タイトル 梶井基次郎の世界


31歳の若さで夭折した梶井基次郎は、昭和文学史上のボードレールのように見えます。果実の異常な美しさに魅惑され、買い求めた一顆のレモンを爆弾に見立てて洋書店の書棚に残して立ち去る『檸檬』、人間の苦悩を見つめて凄絶な『冬の日』『冬の蝿』。特異な感覚と内面凝視で青春の不安・焦燥を浄化する作品群は、まさに奇蹟です。誰もが青春時代に一度は感じ、しかし言葉では表現できなかった世界がここにあります。このサイトが一人でも多くの人に梶井基次郎を知ってもらう、その入り口になればこんな嬉しいことはありません

【掲示板】
ヘッダー梶井基次郎の掲示板
 基次郎フリークのための掲示板です。ファンの皆様のお陰で、このサイトの看板になりました。梶井基次郎に関することなら何でもOK!どんどん書き込みをお願いします。

【梶井基次郎ってどんな人?】
ヘッダー基次郎こぼれ話更新
 まっちゃんの取材による梶井基次郎関連の話題を紹介していきます。

ヘッダー梶井基次郎年譜
 梶井基次郎の生涯を、世の中の出来事と並行して紹介します。

 (フレーム対応のブラウザーで御覧下さい)
 フレーム対応でないブラウザーで御覧の方は、こちらです。
ヘッダー (外部リンク)
 現代版「○潮文学アルバム」とも言うべき素晴らしいHPです。梶井基次郎の足跡も豊富な画像とともに、非常にわかりやすくまとめられており、ファンには堪らない内容となっています。

【梶井基次郎研究の窓】
ヘッダー梶井基次郎参考文献要覧
 論文を書くための資料として作成しました。逐次更新したいと思います。
ヘッダー使える?使った?基次郎参考文献
 論文執筆の際に、実際に使った参考文献の一覧です。おやっと思うような文献もありますが、使えるかどうかは保証の限りではありません。悪しからず・・・。
ヘッダー梶井基次郎基次郎研究要旨
 拙稿「梶井基次郎研究」の要旨をUPしました。
ヘッダー梶井基次郎基次郎研究
 拙稿「梶井基次郎研究」をUPしました。平成10年から12年にかけて執筆したもので、未発表原稿です。みなさんでどんどんたたいて下さい。
  序章 研究にあたって
  第一章 東京での初期作品―〈錯覚〉の時代
  第二章 湯ヶ島での作品―〈自己客観化〉の時代
  第三章 大阪での作品―〈町人〉への回帰
  付論   梶井基次郎の家意識
  終章   梶井基次郎の文学史的位置
   

まっちゃんのプロフィールこのページの管理人です。
*このページはリンクフリーです。

ホームへ


Copyright(C) 1998-2017 Machan All Rights Reserved.      Last updated 2017,7,16.