基次郎こぼれ話


  1. 「檸檬の」舞台
  2. 基次郎と伊藤整
  3. ごんごんごまの秘密
  4. 基次郎の東京
  5. ヒルカニヤの虎
  6. 基次郎に逢う方法
  7. 湯ヶ島旅行記1(旧天城トンネル)
  8. 湯ヶ島旅行記2(梶井基次郎文学碑)
  9. 湯ヶ島旅行記3(湯川屋)
  10. 東京に於ける学生の実際費用
  11. 早慶戦の追懐
  12. 基次郎の仲間たち1(大宅壮一)
  13. 「私信」
  14. 「大阪学 文学編」
  15. 丸善 京都店閉店
  16. 「結果した肺尖カタル」とは?
  17. 「ホルモー六景」
  18. 丸善京都本店再オープン
  19. 淀野隆三 没後半世紀 再評価の声

ここでは、まっちゃんが出会った、梶井基次郎の素顔を紹介していきます。

イメージ「檸檬」の舞台イメージ(レモン)

 小説「檸檬」の舞台となったのは、大正期の京都の街。当時梶井基次郎は京都三高の学生だった。現在、小説の舞台となった丸善京都店は、場所も移転し外見も全く変わってしまった。
 一方、主人公がレモンを買った果物店は、現在も同じ場所で営業が続けられている。
 私は、初冬のある日、主人公が歩いたと思われる道を辿って、この果物店に行ってみることにした。京都は私が大学生活を送った土地。自分の感傷もひきずりながら・・・

イメージ 二条寺町周辺略図 二条寺町は、繁華街の中心部四条河原町からほどない距離にありながら、今も喧騒を逃れた閑静なたたずまいを残している。寺町通を下って行くと、目指す「八百卯」は、ニ条通が寺町通とつきあたり、大きく蛇行するその交差点にあった。
 15年ほど前に建て替えられて、こじんまりしたビルになっているものの、ショウウィンドウには多くのレモンに混じって「梶井基次郎『檸檬』の店」の文字。梶井基次郎に関する新聞の切抜きも多数陳列されている。2階はフルーツパーラーになっている。
 早速、店を訪ねてみると、現在の店主さん(当時の店主のお孫さん)が、快くインタビューに応じてくれた。梶井基次郎は、はす向いにあった「かぎ屋」からこの店の美しさを見たのだと言う。そして、この店でカリフォルニア産のサンキストレモンを一つだけ買ったのだ。
 取材を終えた私も、主人公をまねてレモンを一つだけ買ってみる。130円。胸を満たす何とも言えない香り、そして心地よい冷たさ。
 私は店を出ると、主人公と同じ「変にくすぐったい気持」のなか、寺町通を軽やかな足取りで下って行った。店主さんの「今でも若い人がよく来ます。高校生も『国語の授業で習ったから』と言って、修学旅行の自由時間に訪ねてくれます」という一言に、言い知れぬ心の昂ぶりを感じたからだ。(1999・1・23記)
 

イメージ基次郎と伊藤整

 伊藤整の小説「若い詩人の肖像」は、面白い。ストーリー展開の面白さもさることながら、梶井基次郎の素顔を垣間見ることができる。
 伊藤が梶井と出会ったのは、昭和3年5月だ。基次郎が湯ヶ島から帰京した際、かつて基次郎が下宿していた飯倉片町の下宿で、北川冬彦らとほんの数日間共同生活をした。
 伊藤は梶井の印象をこう語っている。
 「彼には、若い詩人や文学青年が共通して持っており、私もそれを人に見せるのではないかと気にしているところの性的な抑圧から来る陰鬱さがなかった。自分自身を整理し切っており、文学という魔術にもたれかかっていない大人という感じがした。」
 また、「生きる自分の一日一日を最上の状態で過ごし、かつ自分の残すものは、作品も手紙も十分に気をつけ、他人に与える印象もまた明るさや労りや真心に満ちたものにしようという覚悟をして、その時間の総てを充実したものにしたいと心を決めている人間のよう」に見えた。 

 ある日のこと、六本木にビールを飲みに行った帰り道のことである。イメージ(夕焼雲)
 歩道の端のところに、赤い鼻緒のついた女の子の下駄が、三寸ほどの間隔を置いて二つ落ちていた。それを見た基次郎が言う。
 「これ、女の子がここで泣いたんや。それで、親がここから抱いて行ったんや。」
しばらくして、さらに
 「あの女の子の下駄は、伊藤君の詩の感覚と同じだな」と独り言のようにつぶやく。
 それを聞いた伊藤は、自分の詩作の全てを見透かされたような気がしてビクリとするのである。   

 また、ある日のこと。
 二人が散歩をしていると、西洋人の父子を見かける。子供が石を投げるのを、親がたしなめる。それを見た梶井はまたつぶやく。
 「ジョージ、ホワット・アー・ユー・スロウイング・ザ・ストーン・アット?か・・・」
 伊藤は、生活の形を梶井が心の中で描き直している気配を感じる。「いま、この男は一つのイメージを掴んでいるのだ。三好達治の詩を口にして見たり、通りすがりの西洋人の言葉を口にして見たりする形で、彼はさまざまなイメージを取り入れ、描き直し、消化して自分のものにしているのであった。そのようにして、彼は心内にイメージを、花園の花のように絶えず培養し、豊かにし、育てている。」伊藤は、梶井の創作の秘密を知ったような気がした。(1999・1・24記)
 

イメージごんごんごまの秘密

 梶井文学を前後期に分けるとすれば、その境は「冬の日」だろう。基次郎は「冬の日」前半を東京で、後半を湯ヶ島で書いた。
 「冬の日」の冒頭は、梶井の作品中、最も洗練された美文として高い評価を得ている。ちょっと読んで見よう。

イメージ(落ち葉) 「季節は冬至に間もなかった。堯の窓からは、地盤の低い家々の庭や門辺に立ってゐる木々の葉が、一日毎剥がれてゆく様が見えた。
 ごんごん胡麻は老婆の蓬髪のやうになってしまひ、霜に美しく灼けた桜の最後の葉がなくなり、欅が風にかさかさ身を震はす毎に隠れてゐた風景の部分が現はれて来た。
 もう暁刻の百舌鳥も来なくなった。そして或る日、屏風のやうに立ち並んだ樫の木へ鉛色の椋鳥が何百羽と知れず下りた頃から、段々霜は鋭くなって来た。」

 実に見事な冬の風景描写であるが、私は長年、ここに出てくる「ごんごんごま」の正体を考えあぐねていた。濱川勝彦氏は「植物の胡麻をさすのではなく、竹筒でつくった独楽を意味する」と言ったが、何だか変だ。やはり、ここは植物、しかも極めて一般的な植物でないと具合が悪いような気がする。もちろん、植物図鑑に「ごんごんごま」なる植物は存在しない。
 そうこうしているいちに、偶然、鷺唯雄氏の書かれたものを読み、大いに納得した。「ごんごんごま」の正体は、「やぶからし」だった。その理由がまた面白い。
 昭和63年8月25日の東京新聞夕刊のコラムに、今村葦子さんが「ごんごんごまによせて」という文章を書いた。「泉鏡花の小説『二、三羽― 十二、三羽』の中にも『ごんごんごま』が出てくるが、何だろうか。」と。それを読んだ一般の読者からの投稿で、「ごんごんごま」=「やぶからし」であることが分かったのだそうだ。
 
 広辞苑によれば、やぶからし=やぶがらし ブドウ科の多年生蔓草。各地の路傍、空き地などに生じ植木にからむ雑草。別名ビンボウカズラ、ビンボウズル。
 つまり、「ごんごん胡麻は老婆の蓬髪のやうになってしまひ」とは、色が白いことを言っているのでなく、そのくたびれた形状のことを言っていたのであった。またひとつ、「冬の日」が身近になった気がした。(1999・1・31記)

 

イメージ基次郎の東京

 大阪町人の子基次郎が東京帝国大学文学部英文学科に入学したのは、大正13年4月である。尋常小学校3年生から4年生にかけて、父親の仕事の関係で一時的に東京で生活したが、その時の想い出はかなり辛いものだったようだ。しかし、今回は違う。前途洋洋の上京だった。
 今回は、梶井基次郎が上京した当時の東京にタイムスリップしてみよう。
 基次郎の上京の前年、すなわち大正12年は、関東大震災の年である。9月1日午前11時58分、東大理学部の地震計は震度7・9を記録した。東京の死者・行方不明者7万人、全焼家屋は31万戸を越えた。
 基次郎が最初に見た東京は、まさに焼け野原だった。
 イメージ クラッシックカー
 その後、都市計画に基づいて急速に復興していくが、現在の東京からは程遠い。
 当時の町を検証してみると、まず自動車は新宿辺りで、1時間に10台ほどの交通量である。しかも、右のイラストのような外見のものだ。百貨店は、なんと下足を脱いで上がっていた。
 新聞記事を見ると、「銀ブラ」「シネマ」「カフェー」「ダンスホール」の文字が踊る。このうち、「ダンスホ―ル」だけは、あまり縁がなかったようだが、あとは基次郎の生活とも密接に結びついている。だだし、現在の銀座とは大きく異なり、電燈は30ルクスのニ燈式が最新だった。唯一、カフェーが色彩電球を取り入れていた。基次郎のお気に入りは、銀座ライオンだったが、現在チェーン店化した同店をイメージしてはいけない。けっして、バイキング式レストランではない。この暫く後、濃厚なサービスを売り物にしたエログロナンセンスの波に飲み込まれて行くが、当時のカフェーはまだそこまでいっていない。給仕の女性は、皆髪を結って和服に白のエプロンといういでたちである。ビールはエビスをはじめ、現在のカクテル並みの品揃えである。
 シネマがまた凄い。関東大震災前には全国で703館しかなかった劇場が、この年には1013館に激増している。全国民が1年に平均で10本以上見た計算になる。「アルマゲドン」も真っ青だ。ただし、トーキーはもう少し後で、無声映画だった。もちろんテレビはなく、ラジオ放送が翌年に始まっている。
 そんな東京をイメージしながら「冬の日」を読むのもまた一興だ。(1999・2・4記)

イメージヒルカニヤの虎

イメージ 虎 梶井の最後の作品となった「のんきな患者」は、それまでの作品群と明かに毛並みが違う。第二の基次郎に出会うようで面白い。大阪の町が舞台になっているのもまた良い。大阪は楽しい町だ。よく東京の文化と比較されるけれど、どっちが上でどっちが下という問題ではない。肌に合うか合わないかと言う問題だ。(因みに私はやはり大阪の方が肌に合う。大阪弁を聞くと妙に安心できる。これも肌の問題。)ただ、「のんきな患者」を読むと「ああ、やっぱり基次郎は関西の人間なんや!」と思えてくる。
 
 さて、その「のんきな患者」に「ヒルカニヤの虎」なる生き物が登場する。主人公が「俺はヒルカニヤの虎だぞ」と念じる場面がある。何だそりゃあ?しかも、当の主人公自身がどこでその言葉を聞いたのか覚えていないのだから性質が悪い。上記の「ごんごんごま」もそうだが、梶井の小説にはしばしばこのような意味不明言語が登場する。
 ある研究者が「スコットの『アイブンホー』に拠る」と書いていたので、速攻で県立図書館へ走った。目指す書物はイギリス近世の作家Sir Walter Scott(1771-1832)の著作「Ivanboe」であるらしいいことが判明。なんとジュニア版が出ている。「ラッキー!」と思い早速借りて読んでみた。しかし、いくら読んでも、主人公の騎士の愛と冒険物語で、目指す虎は出てこない。仕方なく、「世界文学全集」を見てみると、この小説むちゃくちゃ長い!基次郎の奴どこでこんなもん読んだんだ!(そー言えば、東大英文科だった…)もうこうなったら意地だ。とにかく1ページづつめくってみる。なんとそれは第35章に出てきた。(もう勘弁してくれ〜)しかも、本文とは直接関係のない扉書きだ。(だからダイジェストのジュニア版には出て来るわけない)問題の箇所は、
「ヒルカニアの荒野の虎を立たしめ、飢えたる獅子と餌食を争わしめよ、しかもまどろめる狂信の火を掻き起さんより、その危険や尠(すくな)し。(作者不明)」
たったこれだけ?そう、これだけなのである。分かったことと言えば、「ヒルカニヤ」が地名であることくらい…。
 それにしても何でこんな超マイナーな虎が基次郎の記憶に残ったのか…。謎は深まるばかりである。(1999・2・18記)  

イメージ基次郎に逢う方法

 梶井基次郎に魅せられて18年になる。最初の出会いは、高校の現代文の授業で、「檸檬」を習った時だった。その時は、観念的な文章についていけなかった。
 1年後、浪人している時に無性に梶井が読みたくなった。その時は、自分の感性にしっくり来た。大学では迷わず梶井研究を選んだ。それ以来、基次郎に逢いたい思いは募る一方だ。(私は決して男色家ではない。)
 大学院に入って文化誌的考察の重要性を知った。何も難しいことではない。タイムマシーンに乗って、梶井の生きた時代に行けば良いのだ。そうすれば、基次郎に逢える。
 最近、タイムマシーンを見つけた。古本だ。古本に凝っている。大正から昭和初期にかけての出版物を集めている。

 先日、古本屋で昭和2年9月の「中央公論」を見つけた。芥川の追悼特集号だ。(どうでもよいが、私の誕生日は河童忌である。)当時、梶井は湯ヶ島にいたが、間違いなくこの雑誌を手にしたであろう。そう思うと色褪せたボロボロの雑誌がタイムマシーンに思えて来る。梶井はこの雑誌に自分の作品が掲載されることを、どれほど夢見たか。
 「のんきな患者」が「中央公論」に掲載されたのは昭和7年1月。死のわずか3ヶ月前である。原稿料230円。梶井は生前唯一の原稿料で、大阪丸善にて弟嫁の豊子にショール、自分にオノトの万年筆を買った。しかし、この万年筆が使われることはついになかった。(1999・2・24記)
 

 イメージ湯ヶ島旅行記1(旧天城トンネル)

 ある春の日、18年間にわたってその地に立つことを願った、天城湯ヶ島を訪れた。東海道新幹線三島から伊豆箱根鉄道で修善寺まで30分、さらにバスで40分の道のりだ。
 天城湯ヶ島は、昭和初期とは異なるだろうが、それでも都会の喧騒とは違う非日常の世界へ我々をいざなってくれる。思った程には観光地化されていない。それほど高くはないが、天城の稜線が鮮やかだ。狩野川・猫越(ねっこ)川も清流を保っている。

 まず最初に訪れたのは、旧天城トンネルだ。私は、てっきり現在は車両の通行が禁止されていると思っていたが、新天城トンネルが有料道路のため通行料金を浮かすためか、1台通るのがやっとの細い砂利道を結構多くの車が行き来するのは、やや興醒めだった。
 それでも、道路脇の山道は、当時を偲ぶことができる。天城トンネルと言えば、多くの人は「伊豆の踊り子」を思い浮べるだろうが、私にとっては「冬の蝿」の舞台である。基次郎は、極寒の夕暮れにこの道を歩いたのだ。健康な人間でも、湯川屋(梶井の滞在宿)からここまでは距離の上でも勾配の点でもかなり骨のおれる行程である。基次郎は、本当に湯ヶ野まで歩いたのだろうか?私の体感では、それは信じ難いことのように思えた。(1999・3・9記)

イメージ湯ヶ島旅行記2(梶井基次郎文学碑)

 湯ヶ島は川端康成をはじめ井上靖・横光利一など多くの作家の記念碑がある。基次郎の文学碑は、湯川屋の主人であった安藤公夫さんの尽力で建てられた。湯川屋から道路一本挟んだ高台の林の中にそれはある。入り口がちょうど、基次郎がよく、見舞に訪れた友人達と飲んだという世古楼(現在の旅館世古館)の脇にある。
 狭い石段を登っていくと、本当にひっそりという表現がしっくりくるたたたずまいの石碑が現われる。梶井基次郎がその人に会うために当地を訪れたと言われている川端康成の手による題字。そこに刻まれているのは、昭和3年4月30日、川端に宛てた書簡の一節である。湯ヶ島の春の風景を見事に描写している。
 「山の便りお知らせいたします 桜は八重がまだ咲き残ってゐます つつぢが火がついたやうに咲いて来ました 石楠花(しゃくなげ)は浄簾の瀧の方で満開の一株を見ましたが大抵はまだ蕾(つぼみ)の紅もさしてゐない位です げんげん畑は掘りかへされて苗代田になりました。もう燕が来てその上を飛んでゐます。  伊豆湯ヶ島世古ノ瀧 湯川屋内 梶井基次郎」
 眼を閉じるとその情景が浮んでくる。

 感慨にふけって下りてくると、ちょうど女子大生っぽい二人組みが通りかかる。そして、看板を一瞥し通りすぎる。
「へぇ こんなところに梶井基次郎の文学碑があるんだ」
「誰 それ?」
「レモンとかのあれでしょ」
「何 それ?そんなのどうでもいいじゃん」・・・
当時の基次郎もそんな存在だったかと思わず苦笑い。(1999・3・9記)





イメージ湯ヶ島旅行記3(湯川屋)

 今回の最大の目的は、湯川屋の訪問である。基次郎が昭和2年の元旦から1年5ヶ月にわたって滞在した場所。「冬の日」後半から「冬の蝿」にいたる多くの名作を生み出した場所だ。湯川屋の主人安藤公夫さんは、当時10才。湯ヶ島町の教育長を勤めた安藤さんは、梶井基次郎の湯ヶ島での足跡を後世に残すことを使命と考えた。文学碑の建立・梶井基次郎文学館(湯川屋内)の開設・そして自ら『梶井基次郎と湯ヶ島』を著した。梶井基次郎を知る最後の生き証人だった。
 しかし、残念ながら安藤さんは平成9年に他界した。『梶井基次郎と湯ヶ島』を携えた私を見て、奥さんは仰った。
「その本、よく手に入りましたね。今でもよく研究者の方が『買いたい』とおっしゃっていらっしゃいますが、家にももうないんですよ。主人が生きていたらどんなにか喜んでお相手をしたことでしょう」
遅かった!悔恨の念がこみ上げる。安藤さんにどうしてもお聞きしたかったことが・・・でも、もう言うまい。梶井基次郎研究に携わった者の一人として、安藤さんの御冥福を祈るばかりである。

 梶井基次郎文学館は湯川屋の2階にある。入館料たったの100円。同じ湯ヶ島内の昭和の森文学館(川端・井上関連)が600円であることを考えても、営利目的でないことがわかる。こじんまりとした一室の中央にはやぐら炬燵とソファーがありくつろげる作りになっている。静かな館内には、猫越川のせせらぎが聞こえてくる。展示品は、梶井の自筆書簡と遺品をメインに友人達から寄せられた基次郎の思い出を綴った色紙が溢れている。一個人でここまで集められた安藤さんのパワーには敬服するばかりだ。
 私の眼を釘付けにしたのは、上記「基次郎に逢う方法」でも書いた弟嫁に買ったショール。故人の妹さんからの寄贈である。「のんきな患者」の原稿料で買った実物がある。感無量。奥さんに断って撮影させていただく。

 湯川屋でしか買えないものに、文学碑の文面(基次郎自筆)をプリントした色紙がある。1000円。これを買う。この日の記憶とともに私の宝物である。(1999・3・9記)


 

イメージ東京に於ける学生の実際費用

 今回は、大正期の大学生にまつわるエピソードを当時の雑誌から紹介しよう。
 まずは「生活」(大正3年3月号)から「贅沢になった学生生活」なる一文。
イメージ 蓄音機 「学生の実生活と云っても、車夫や新聞配達抔(など)を行って苦学を為て居るものも、万更ないではないが、一方には数十円は愚か、毎月何百円もの学費を仰いで、贅沢な生活を為て居るものもないでもない。(中略)
 云う迄もなく近来の学生は、概して華美になった。贅沢になった。真摯な態度を取るものが少ない。其代り昔のやうに、喧嘩騒ぎや決闘騒ぎを持上げるやうな粗暴な風は少なくなった。表面は頗る沈着な温順しいやうではあるが、物に触れ事に当って、理窟は能く捏ねる。理窟を捏ねては、教師や先輩を手古摺らせる。一般に昔の青年よりは悧巧になった。知恵者になっては居るが、夫が間口ばかりで奥行きがない。夫ればかりか、其一面には奢侈(しゃし)とか遊惰淫逸と云うやうな、悪弊風も伴なって来て居る。」
 批評された時代は、基次郎達よりやや前であるが、基次郎達の京都三高時代から東大時代の暮らしぶりとオーバーラップする。梶井基次郎の作品に描かれる「大正」はあくまで学生の目から見た「時代」であって、世間一般の目に映る学生はやはり特異な存在であったことだろう。そして、このような風潮の中、一町人の子にすぎない基次郎を東京の大学に出すにあたっては、母親ヒサの大変な愛情と理解と努力があったことも忘れてはならない。(1999・5・29記)

イメージ早慶戦の追懐

 次は「冒険世界」(大正6年1月号)から「信号(サイン)の探偵」という特集。
 「早慶試合!それは天下の球児をしてをして熱狂させたものだ。今や両大学は永く確執して再び彼の壮観を見るに由ないが、茲(ここ)に当時を追懐して両大学野球団の苦心の程を偲ばう。」という書き出しに始まって、明治40年代の荒唐無稽なエピソードが紹介される。
 慶応の学生が早稲田の学生になりすまし、早大野球部の練習に入り浸り、早稲田のサインを盗んだり慶応野球部に関する虚偽の情報を流して、早大野球部を翻弄した。その結果、早慶戦で見事(?)慶応が勝利したが、真相がバレて当の本人は袋叩きになったというお話。
イメージ グローブ 真偽のほどは怪しいが、注目すべきは大学野球(東京6大学)がこれほどまでに人々の関心を集めていたという事実だ。なぜ、「基次郎こぼれ話」に野球が出てくるのか?基次郎は北野中学時代に野球部の桐原真二という選手に、熱烈な愛情を抱いていたからだ。酒に酔って「きりはらぁ〜」と叫んで友人に抱きつくことも…。桐原は後に慶応に進み、野球部の主将を務め花形選手となる。基次郎がどれほど真剣だったかは定かでないが、早慶戦に熱い眼差しを注いでいた一人に違いない。プロ野球もなく、多くの国民の娯楽として早慶戦が親しまれていた時代のことである。(1999・5・29記)

イメージ基次郎の仲間たち(大宅壮一)

 大正10年10月15日の日記―「唯自分は大宅の様な男を見るとあせるのである、自分の天万年筆職といふものにぶつからない寂しさが堪らない…全く町人根性だ」京都三高時代の基次郎をあせらせた男、大宅壮一とは?
 「一億総白痴化」「口コミ」「恐妻」「駅弁大学」、評論家大宅壮一の名は知らなくても、これら大宅の造語を知らない人はいない。その自宅跡に建つ、東京・八幡山の「大宅壮一文庫」はマスコミ関係者でにぎわう。世界でも珍しい雑誌図書館。
 昭和8年、警視庁で拷問死した小林多喜二の遺体を引き取りに行ったのは大宅一人だった。転向を要求する特高の刑事に「ぼくが転向すると共産党になりますよ」とすごんだ。「三無―無帽子、無宗教、無主義。頭の上にのせるものは、私は何でも嫌いである。」「右翼でも左翼でもない」を基本姿勢に、自らを「やじ馬ジャーナリズム」と称した。1967年「マスコミ塾」開講、69年「大宅壮一ノンフィクション賞」創設。ここから映画監督森田芳光、作家沢木耕太郎が巣立った。
 生涯ジャーナリストの大宅に、同級生基次郎の作品はどう映ったのだろうか?(2000・2・6記 参考文献:「岐阜新聞―20世紀日本人の自画像34」平・12・1・31)
 

イメージ「私信」
 

 昭和39年8月20日に発行された「本」という雑誌をネット上で見つけ購入。この雑誌は、梶井基次郎の特集号だ。目玉は未発表原稿「私信」の掲載。「私信」は今でこそ「橡の花」の草稿として有名だが、梶井の没後、30年もの歳月を経てこの草稿が発表されたという事実に注目したい。
 この雑誌に「私信」を発表することを決めたのは淀野隆三である。「橡の花」は「青空」大正14年11月号に発表されたが、創作集『檸檬』上梓の際、「レベル以下」の作品として、梶井自身が再録する事を拒んだ。その時のイメージが強すぎて、昭和34年に筑摩書房から『梶井基次郎全集』が刊行された際にも「橡の花」こそ収録されたが、「私信」収録されなかったのだ。淀野隆三は、このことを悔やみ、「私信」を世に出す機会を伺っていた。それがこの昭和39年の「本」だ。この雑誌には、奇しくも高田瑞穂の「いかに資質論を越えるか」が発表されている。第1次梶井基次郎研究ブームが去り、梶井研究が暗礁に乗り上げていた頃でもある。
 改めて「私信」を読んで、梶井が「橡の花」を嫌った理由が分かったような気がした。梶井基次郎の書簡は、他の作家に例を見ないほど多い。そして、いずれの書簡も、まるで将来発表されることを前提としたかのように−もちろん梶井にそんな計算はなかったが−綿密な内容だというのが梶井研究者の一致した感想だ。「私信」は正に日常的な書簡である。草稿ではあっても、他の書簡の筆致と大差は認められない。書簡体小説は、確かに新しいアイデアであった。が、書簡を作品とすることへの抵抗があったのではないか。「橡の花」を作品として認められなかったのは、梶井の優れた書簡があだになった感がある。(2000・12・10記)

イメージ「大阪学 文学編」

 大谷晃一氏の「大阪学 文学編」が文庫本(新潮文庫)になったので、早速購入した。氏の名前は、「評伝 梶井基次郎」を読んで以来、チェックしている。大阪のジャーナリストであり大学の先生でもある。大学の講義「大阪学」を全4巻の単行本にまとめられた。1巻から3巻までにあたる、「大阪学」「続大阪学」「大阪学 世相編」もそれぞれに面白いが、「文学編」には、ジャーナリストならではの梶井観が述べられており興味深かった。
大阪学文学編表紙 梶井の作品中、大阪が舞台になっているのは「のんきな患者」のみだが、ここ数年、梶井基次郎作品に故郷大阪の風土がどのように影響しているかは議論がかまびすしい。私も早くからこの点には注目していた。大谷氏は、「文学編」の中で次のように述べている。西鶴と近松の差異について言及したくだりである。
 「西鶴の小説は、生き生きとしてたくましい。近松の劇はあくまでも優美である。
  近代文学で西鶴の系譜を大阪生まれの作家にたどると、宇野浩二、武田麟太郎、織田作之助らにつながる。みなリアリズムの文学である。奇しくも、三人とも大阪のミナミの人であった。近松の方は、川端康成、梶井基次郎になる。どちらも、あくまでも美を追い求め、死に近しい。しかも、キタの生まれであった。」
 これは、関西在住の経験がある者には、かなり感覚的に当たっていると実感できる。梶井基次郎の文学は、なんばではない。やはり梅田の方が似合う。これを民俗学的に実証できれば、かなり面白い論文が出来そうだが、今は一読者としてただ面白かった。(2002・12・1記)
 

イメージ丸善 京都店閉店

 少し前の話題になりますが、2005年10月10日に丸善京都店が閉店となりました。拙掲示板でもその話題をいくつか書き込んでいただきました。実は梶井が三高に在籍していた頃と現在の丸善は、住所が違います。寺町通りにあったものが、河原町通りに移転しました。しかし、梶井ファンにとって場所の違いは些末な問題でしょう。河原町の丸善には小生も学生時代にしばしば出入りしました。閉店当日は、大変なにぎわいで、丸善の粋な計らいもあったようです。またひとつ梶井の形見が消失したようで、寂しい思いをしている人は少なくないことでしょう。
 一方で、梶井の作品がロシア語に翻訳されました。今後、梶井が影響を受けた作家を育んだ国々に梶井文学が逆輸入されていく時代がくることでしょう。(2005・11・1記)

イメージ「結果した肺尖カタル」とは?

 えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧へつけてゐた。焦躁と云はうか、嫌悪と云はうか――酒を飲んだあとに宿酔があるやうに、酒を毎日飲んでゐると宿酔に相当した時期がやつて来る。それが来たのだ。これはちよつといけなかつた。結果した肺尖カタルや神経衰弱がいけないのではない。また背を焼くやうな借金などがいけないのではない。いけないのはその不吉な塊だ。以前私を喜ばせたどんな美しい音楽も、どんな美しい詩の一節も辛抱がならなくなつた。蓄音器を聴かせて貰ひにわざわざ出かけて行つても、最初の二三小節で不意に立ち上つてしまひたくなる。何かが私を居堪らずさせるのだ。それで始終私は街から街を浮浪し続けてゐた。

 言わずとしれた「檸檬」冒頭の一節である。この中の「結果した肺尖カタルや神経衰弱」は、従来〈生活の荒廃などがもたらした肺尖カタル〉と解釈されていた。しかし、岐阜大学の佐藤貴裕先生は、『檸檬』「結果した肺尖カタル」私解(『国語語彙史の研究』2006年3月刊所収)の中で〈不吉な塊を生成した肺尖カタル〉という新説を提唱している。国語学的見地から「檸檬」が執筆された当時の日本語文法を丹念に検証しており、示唆に富んでいる。首肯できる部分が多く今までの解釈の誤りを痛感させられる。今更ながらその作品が書かれた時代をよく知ることの重要性を感じた。(2007・12・29記)

イメージ「ホルモー六景」

 2007年11月に角川書店より発売された万城目学氏の「ホルモー六景」。2006年4月に発売されて、2009年には映画化・舞台化された「鴨川ホルモー」の続編にあたる短編集である。「ホルモー六景」中の「第三景・もっちゃん」の「もっちゃん」は梶井基次郎がモデルとなっている。
 作品の主人公安倍(京都三高生)は入学時から仲の良かった「もっちゃん」という男から恋愛の打ち明け話を聞く。なかなか思いを伝えられないもっちゃんに安倍はラブレターを書くことを勧める。彼の要望で安倍もラブレターを書く羽目になるのだが、ふざけた絵ばかりを描いて封をした。翌朝、思い人が現れる時間間近に起床したもっちゃんは、慌てるあまり、安倍が書いた手紙をもって告白へと赴き、ふられた。その後もっちゃんは、東京帝大へと進み小説家になった。ある日、郷里で就職し結婚生活を送る安倍にもっちゃんからの手紙が届く。そこには「檸檬」収録の同人誌『青空』とともにもっちゃん愛用の懐中時計が同封されていた・・・。
 中谷ら梶井の友人達の証言や、前述した伊藤整の「若い詩人の肖像」などをもとに研究者顔負けの緻密さで、梶井の半生をフィクション化している手法には舌を巻く。万城目学氏の並々ならぬ梶井への愛情に溢れた逸品である。ぜひご一読を!(2010・3・7記)

イメージ丸善京都店再オープン

 2015年8月21日、10年ぶりに丸善京都本店が再オープンしました。

 開店セールに行きそびれて気になっていたので、紅葉も深まった11月の下旬に訪問しました。以前の丸善とは河原町を挟んで反対側(東側)にあるBALビルの地下1階と2階がそこです。

 ビルに入ったとたん、幽かな香のかおりが迎えてくれます。広々としたフロアーに、ゆったりと洋書と和書の専門書が配置されています。まず目を引くのが「今週のベストセラー」棚。このお店では、売り上げの第1位が常に「檸檬」なのです。

 そして、下階では「檸檬」を購入するとオリジナルの檸檬スタンプを押すことができます。檸檬置き場はありませんが、檸檬が2個かごに収められていました。

 文房具が充実しているのも、昔同様ここの魅力。梶井が大好きだったヨーロッパ各国の筆記用具も多数置かれています。丸善オリジナルのグッズも充実しています。

 併設されているカフェではハヤシライスに美味しいコーヒー。檸檬スイーツを楽しむこともできます。雑踏から逃れ時を忘れて異空間を楽しむことができるのが丸善の魅力です。

 2009年に八百卯が閉店してから「檸檬」を偲ぶ店舗がなくなっていましたが、この丸善京都店の再オープンは、今年の嬉しい出来事のひとつでした。(2015・12・31記)

イメージ梶井基次郎「檸檬」の恩人 仏文学者・淀野隆三 没後半世紀、再評価の声

毎日新聞2016年11月19日 東京朝刊

 1967年7月7日の毎日新聞夕刊社会面に、小さな訃報が載っている。明治大教授のフランス文学者、淀野隆三。享年63。葬儀の日時場所に続き、文学者としての業績紹介は<ジイドの「狭き門」「背徳者」訳ほか多数の訳著書がある>と素っ気ない。来年で没後50年となる、そんな淀野を「偉人」と評するのは、京都市在住の画家でエッセイストの林哲夫さん(61)だ。「淀野がいなければ、『檸檬(レモン)』で名高い梶井基次郎(作家、01〜32年)が世に認められるのが10年は遅れたはず」と力を込める。

 林さんは古書に造詣が深く、忘れられた出版人の再評価に取り組む。淀野の遺族に託されて日記も読み込んだ。淀野は1904年に京都・伏見の鉄材商の家に生まれた。第三高等学校を経て東京帝大仏文科へ進み、梶井や中谷孝雄(同、01〜95年)、外村(とのむら)繁(同、02〜61年)、三好達治(詩人、00〜64年)らと文芸同人誌『青空』に参加。28年に卒業後は左翼運動に身を投じた。

 無名だった梶井の才能を深く愛し、その代表作となる「檸檬」を世に出すべく奔走、31年5月に本になった。京の街をさまよう学生が、書店の画集の上に爆弾に見立てたレモンを置いて立ち去る姿を描き、青春期の不安を浮かび上がらせる短編だ。病を得ていた梶井はほどなく夭折(ようせつ)した。「戦前の淀野は、豊富な蔵書を三好や中谷らに自由に閲覧させていた。ボンボンの一面はあるが、物事に邁進(まいしん)していくエネルギーがすごい」と林さん。

 戦時中は実家へ戻り、父亡き後の店を守った。「細かく収支を計算し、ミカンの行商までやったようです。淀野は何をするにも一生懸命だった」。敗戦直後は一種の塾を開き、理論物理学者の湯川秀樹を講師に招いたこともあるという。そして出版事業へ。「高桐書院」を経営して梶井の全集に着手した。題字は川端康成が書き、上質紙を使う凝った造本だったが、高価すぎたのか返品の山となり、2冊を出した後の49年に倒産。多額の債務を負う。「私は絵描きだから、まず、高桐のしゃれていて理想に燃える装丁に注目した。さらに淀野が梶井の顕彰に努めた人と分かり、非常に興味をもった」

 淀野は尾羽打ち枯らして上京、明治大で教えながら仏文学の新訳や改訳をした。借金返済のためでもあったろう。「一方で、筑摩書房版の梶井全集の編集に心血を注ぎ、59年に完成した。学究肌とは少し違って裏方に徹する生き方」と林さんはみる。

 プルースト受容に果たした役割も大きい。大長編『失われた時を求めて』を井上究一郎らと共訳し、55年までに新潮社から全訳が成った。淀野は戦前にいち早くプルーストに取り組んでいたという。

 梶井全集の改訂版の完結は66年。『青空』の面々との友情に貫かれた世話好きの「偉人」は、それを見届けるようにして翌年逝った。【鶴谷真】

 

バックボタン


Copyright 1999-2017 Tatsuya Matsuoka.      Last updated 2017,1,1.